PRESS ROOMの関西での窓口となる「PRESS ROOM KYOTO」。クリエイターが集うシェアオフィス「ABS」内でこの春から開設されました。先日、そのオープニングを記念して、京都をベースに活躍する3人、鷲尾華子さん(衣装家)、有瀬龍介さん(イラストレーター)、八木夕菜さん(アーティスト)とコラボレーション作品の展示を行いました。今回はテーマ素材を「不織布」として、作品制作を依頼。それぞれの作家性を活かしながら、新しい表現の可能性を提示しました。

 

今後も「PRESS ROOM KYOTO」ならびに「ABS」では

鷲尾華子

[写真上] 鷲尾華子 | プリントした不織布を服のような形状で加工。淡い色合いと柔らかい不織布がマッチして、独特の雰囲気をもつ作品に。

[写真上] 有瀬龍介(http://ryosukearuse.sakura.ne.jp/index.html) | 10mを超える長さの不織布にドローイングを両面印刷。吹き抜けの空間に大胆に展示。有瀬さん独特の繊細なタッチでありながら、大きく連続的に出力されることで、その世界観で空間を満たしていました。

[写真上] 八木夕菜 (http://www.yunayagi.com/) | ABSのギャラリースペースを風景と人物を捉えた写真で空間構成。鑑賞者を作品世界へと引き込む、舞台装置のような仕掛けになりました。

タイトル: 『Printing Landscape』
会場: ABS (京都市中京区天守町741-2 INAI BLDG 2F)
実施日時: 2017年 3月31日(金) 14:00~20:00
連絡先: info@design-communication.jp

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly